妊娠中の脚のむくみで悩まされている方は少なくないと思います。

 

「履いているだけでむくみ知らずのホッソリトシタ脚になれる」という夢のようなレギンス「スラりんウォーマー」ですが、妊娠中に履くのはどうなんだろう?と心配な方もいらっしゃると思います。

 

ここでは妊娠中にスラりんウォーマーを履くのはOKなのか、それともNGなのか解説していきます!

妊娠中は脚がむくみやすい?

妊娠すると12週目あたりから体内の血液量が増え、35週目ころには血液量が通常時の40~50%になるといわれています。

 

そのため、食事の量や栄養バランスに気を配っているとしても全身がむくみやすくなってしまっています。

 

特に赤ちゃんの重みで普段よりも負荷がかかる脚は、最もむくみが現れやすい部分です。妊婦の約3割がむくみで悩んでいるというデータもありますので、妊娠中に脚のむくみで悩まされている方は少なくないといえます。

 

そのような方にとって、むくんでしまった脚をどのようにケアしていくかはひとつの課題となっています。

 

妊娠中のむくみ対策として効果があるのは、寝るときに足の下にクッションを敷いて脚を心臓の位置よりも少し高くすることや、塩分の摂取量を意識的に抑えるようにすることなどです。また、入浴中や入浴後に足首を回したり、ふくらはぎをマッサージしたりすることもむくみ改善に役立ちますよ。

スラりんウォーマーは妊娠中に履いてもいいの?

脚のむくみの解消に役立つアイテムのひとつといえば着圧レギンスですよね。しかしスラりんウォーマーのような着圧レギンスは、脚を締めつけるので「妊娠中に履いていいのか心配」という方も少なくないと思います。

スラりんウォーマーは、妊娠中に履いても問題ないのでしょうか?

 

結論から言うと、スラりんウォーマーは妊娠中にも着用できます。スラりんウォーマーは下半身全体にしっかりと圧をかけてくれますので、妊娠中のむくみ防止やむくみ解消に効果があります。

それでいて通気性がありますし、伸縮性がありますので、妊娠中のむくんだ脚にも不快な気分になることなく使用することができますよ。

 

妊娠中は体温が高めになっていることが多いですが、スラりんウォーマーはつま先部分が空いているので、脚のつま先から体温を逃すことができ、妊婦さんにも快適に使用できます。

 

妊娠中にゆがみやすい骨盤の矯正機能もついていますから、脚のむくみを予防・解消しつつ骨盤矯正もしてくれるので妊婦さんにとっても心強い味方となってくれますよ。

 

もしも妊娠中の脚のむくみに悩まされているなら、スラりんウォーマーを試してみてください。

妊娠中に履く時に注意する事

妊娠中にも使用できるスラりんウォーマーですが、妊娠中に着用する場合はいくつか注意点があります。

 

まず、スラりんウォーマーはフリーサイズではありますが、ヒップサイズは75~92cmとなっていますので、妊娠中にこのサイズよりも大きくなってしまったという場合は着用をおすすめできません。その場合は、着圧ソックスなどでむくみを解消するようにしましょう。

 

また妊娠中はちょっとしたことがストレスになってしまったり、体調不良の原因となってしまったりしますので、もしもスラりんウォーマーを履いて気分が悪くなってしまったという場合は、すぐに着用を中止しましょう。無理して履き続けるのだけは、決してしないようにしてください。

 

妊娠前からスラりんウォーマーを着用していた方は大丈夫だと思いますが、妊娠が分かった後にスラりんウォーマーを着用し始めたという方の場合は、まずは短時間からスタートするようにするのがおすすめです。短時間だけ履くのを何日間か続けてみて、徐々に着用時間を伸ばすようにしましょう。

 

いずれにしても、妊娠中の長時間着用はおすすめできませんので、長時間履き続けることは控えるようにしてくださいね。

 

スラりんウォーマーの口コミまとめ>>

 

全額返金保証付きは公式サイトのみでした!